&KIDSの考え方

今、日本のみならず世界の情勢は信じられないスピードで日々変化のうねりに直面しています。
我々運営メンバが子どもだった頃には存在していなかったインターネットが登場し、その後世界を一変させました。
一瞬で世界やモノを繋ぎ、全てのコミュニケーション・経済活動はボーダレス化され、人間の思想や科学技術の進化はそこから目覚ましい発展を遂げています。
スマホの登場、SNSの台頭、IoT(インターネットとモノの融合)、AI(人工知能)、VR(仮想現実)の浸透。

想像してみて下さい。
この僅か20年余りで前述のように世界は猛烈なスピードで劇的に変化してきました。
今の子ども達が今から20年後、この世界はどうなっているのでしょうか。
これまでの20年とは比較にならないくらい、更に劇的に変化していることでしょう。

また、今の日本における子育て・育児は時代環境の変化もあいまって、非常に過酷な状況となっています。
共働き世帯の増加、核家族化の進行、地域社会(人間関係)の希薄化、ストレス社会。
保護者の大変さもさることながら、子ども達にとっても最も過酷な時代と言っていいでしょう。

このような時代・環境下で、人間の基礎をつくる最も大事な時期とされる幼少期に、我々大人たちは何をしなくてはならないのか。
真剣に考えました。
我々運営メンバーも皆子どもがいます。
自分の子どもに何をしてあげるべきか。他の子どもに何がしてあげられるか。
今の時代・世界を取り巻く情勢を受け止めた上で、時代に合った子どもや保護者への支援が必要だと考えました。

我々は以下の3つを大切に支援することを心に決めました。
1.自己肯定感「自身を肯定的に捉え、自信を持つ」
2.利他心「他人を思いやれる」
3.非認知能力「解のない状況で自分なりの考えや芯を持つ」

これらは今の時代、更に20年後の未来を生きていく上で絶対に欠かせない非常に大切なキーワードだと&KIDSは考えています。

また、我々は子どもは親とのみ育つのではなく、地域社会と共に育つもの、と考えています。
&KIDSの名前の由来、それは「全ては子どもとともに」から来ています。
幼少期の子どもが親と関わる時間は極めて大切です。仕事をしている間も子どもの傍に居ながら働ける環境をと考え、コワーキングスペースを設置しました。
また、多目的室として地域交流の場を設けられるようにしています。
ママ友、仕事仲間、また世代を超えた交流の場として、地域社会(コミュニティ)再生の拠点として機能したいと考えています。

“自分で考え、生きる力をはぐくむ保育”を理念に、子どもたちや保護者の方と共に日々学び、地域社会に還元・貢献できるよう精一杯努めていきます。

どうか一人でも多くの方にご賛同・ご協力頂き、一緒に子どもたちの未来について考えていければこれ以上の喜びはありません。

全ては子どもたちの未来のために。